万事は益となる   「泉屋博古館」 の銀杏の大木 。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

  「泉屋博古館」 の銀杏の大木 。



 秋の気温になって快適な日々です。
 可愛い子も巣立ちました。
 又 静かに仕事に向かっています。

 以前から考えていた おぜんざい・・・ 
 むかし、秋深まると、炉開きでいただきました。
 茶道の大先生に教えて戴いたのですが、<千代>続く様に、
 と炉開きにはたくのんェ 
 と言われていました。

 ゆっくりすわってお茶を点てたい。そして本も読みたい
 と 願っていた私。  
  
 仕事が山になっていた数年間・・・ 夢のゆめでした。

  でも今私はお茶を点てることを仕事の一つにしています。

 願えれば 聞かれる。
 そうです。何でもお願いしてみましょう。
 
 おぜんざいも 焚かせていただけました。
 皆さん食べに来て下さい。

                      鹿ケ谷ギャラリー&カフェ   オーナー

 

 

スポンサーサイト

2009/10/28 17:39 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。